ライトラスセレクター™

(承認番号:22700BZI00023000)


LIGHTLas SELECTOR™ は、LightMed社がSLTとYAGの機能を統合して提供する一体型デザインの眼科用パルスコンビレーザ手術装置です。組み合わせることによって開放隅角緑内障、後発白内障への総合的な治療プラットフォームとしてご要望にお応えします。

人間工学的で効率的なデザイン

 人間工学を追及するLightMedのデザイン方針は製品の効率性、拡張された信頼性と施術医師と患者さんへの負担軽減をめざします。

 

 ●患者さんの不快さを増すことなくレーザから治療眼部への必要な距離を最大化し、施術者による治療用レンズ保持に充分なスペースを確保

 ●コンパクトなデザインとケーブル処理による美的で機能的なワークフローの実現

 ●患者さんが楽な姿勢を保持できる外部アゴ台のデザイン

 ●装置の性能と安定性を引き出し、予防保守にかかる時間と費用の低減を図るレーザモデュラーのデザイン

 ●治療スペースの最適化と臨床要望に応える多様なアクセサリーと電動テーブル

SLTとYAG のシングル及びデュオのレーザ・ワークステーション

 LIGHTLas SELECTOR™は、SLTあるいはYAGのシングル、SLTとYAGの組み合わせのデュオの3種のアプローチによる統合型ワークステーションとしてご利用いただけます。

 

 ●別途販売のマルチカラーレーザ光凝固装置 ライトラスTruScanの532nm、577nm、670nm、或は810nmと組み合わせることにより総合的でパワフルなレーザ手術が可能

 ●ダイナミックで臨床の必要性に沿った機能を施術者に提供

 ●統合型デザインによるスペースの効率的な活用

 ●機能と信頼性に裏付けられた高いコストパフォーマンス

選択性と信頼性を備えた多目的レーザ装置

SLT(選択的レーザ線維柱帯形成術)が選ばれる理由

 

SLTは高い臨床効果が証明されたレーザ治療のひとつで、緑内障による眼内圧の低減治療の第一選択肢として、あるいは薬剤による治療との併用に適しています。複数回の手術の可能性、副作用の少なさ、生体の自然回復力に働きかける機序、という極めて安全で、実用的、スマートな施術オプションです。

最近の調査では、このような熱作用に頼らない、ナノ秒レベルの技術が加齢黄斑変性や糖尿病性網膜症のような網膜の変性疾患に生体的回復のメカニズムに働きかける作用も報告されており、こうした中でもLIGHTLasSELECTOR™は非常に機能的で用途の広い装置となっています。

 

KTP クリスタルのサーマル・マネジメント

 

LIGHTLas SELECTOR™シリーズは独自のKTPクリスタルのサーマル・マネジメント回路とソフトウエアにより、SLTの高頻度照射時においても非常に安定したエネルギー出力と性能を確保提供します。

光学的に優れたスリットランプによる視野と診断能の向上

 

LIGHTLas SELECTOR™のスリットランプは高品質光学系を有して歪の少ない

優れた視野と診断機能を提供します。

●WideField™の光学系により市販のレーザに比べ広い視野を提供

●ダブルコーティングとカラーバランスされたセフティフィルターにより歪の

 少ない、高い安全性を施術者に提供

●精密なレーザデリバリーと高い臨床性能

●5点の変倍率による優れた診断能と高い治療効果


クリスタルQ-Switchレーザ・キャビティ テクノロジー

 

LIGHTLas SELECTOR™の優れたクリスタルQ-Switchレーザ・キャビティ

テクノロジーは、低エネルギーでのオプティカル・ブレークダウンを可能とし、精密なエネ

ルギーの出力と安定性を実現しました。

●優れた安定性と寿命

●効率の良い安定したエネルギー出力

●臨床的精度の向上

 

最大±500μm の 前嚢・後嚢レーザフォーカスシフト

 

LIGHTLas SELECTOR™はフォーカスシフトの設定でも優れた性能を示し、±500μmの範囲で連続可変のフォーカスシフトによる臨床的なフレキシビリティと安全性を提供します。

仕様

オプション製品

フットスイッチ

ビームスプリッター


側視鏡

Cマウント