製品情報


主な特徴

 

・ マルチカラーレーザー (4波長搭載)

  1波長から搭載可能で、購入後 追加搭載も可能。

  グリーン:532nm, イエロー:577nm,  レッド:670nm,  IR:810nm 

 

・ マイクロセカンドレーザー機能標準搭載

  100µsec ~ 600µsec 設定可能な 最新マイクロセカンド照射機能 SPmode™

 

・ パターンスキャンシステム標準装備

  エネルギー密度の均一化とハイスピード照射が可能な専用設計。

 

・ 世界最小最軽量

       

 

・ 往診、病棟、手術場での使用可能

  アタッチメントはスリットランプ、双眼倒像鏡、眼内レーザプローブをご用意

 

・ LIGHTMED社製 

 

 治療動画集

  1. 糖尿病黄斑浮腫に対してのマイクロセカンドレーザー(SPmode)治療 ( 2018.07.22 )

      2. SPmode ご説明アニメーション ( 2019.04.22 )

 

 

 

 

※詳しくは「こちらをクリック」の上、専用ページをご覧ください。




主な特徴

 

・ YAGモード時に照明タワーを振らずに使用可能な専用設計 

 

・ 2波長搭載のコンビレーザー

  1波長から搭載可能で、購入後お好きなタイミングで波長を追加搭載することも可能。

 

・ LIGHTMED社製

 

※詳しくは「こちらをクリック」の上、専用ページをご覧ください。



ー Laser Vitreolysis - レーザー硝子体分解 -


主な特徴

 

ライトラスセレクターのイルミネーションタワーをVitreolysis専用スプリットタワーに変更。

 

レーザービームの上下外側から照明光を入光させることで照明光を点灯させ続けることが可能。

 

硝子体フローター法とも呼ばれる硝子体分解は、超短レーザーバーストを利用し、眼内の硝子体ストランドおよび不透明箇所を蒸散させます。

これは、硝子体腔内の浮遊物によって引き起こされる視覚障害を患っている人々の生活の質を大幅に改善することを目的とした外来診療で行うことができるレーザー装置です。

 

ライトラスセレクターVitreolysisシステムは、非常に革新的なレーザーキャビティと独自の照明技術を提供します。 これらの機能を組み合わせると、医師はフローターをより高い安全性と精度で明確に確認して治療することが可能です。





主な特徴

 

・ -500μmから+500μm のYAG フォーカスシフトの設定

 

・ クリスタルQ-Switchレーザ・キャビティ テクノロジー

 

・ LIGHTMED社製

 

・ 世界で最も使用されるゴールドスタンダードモデル

 

※詳しくは「こちらをクリック」の上、専用ページをご覧ください。